ピアニスト 西本梨江バイオグラフィー

桐朋女子高等学校音楽科卒業。桐朋学園大学ピアノ科卒業。同大学研究科修了。
これまでに桜井雅、佐野翠、日比谷友妃子、三上桂子、江戸京子、故 江戸弘子の 各氏に師事。3歳でピアノを始め、4歳で初舞台に立つ。


ヤマハジュニアオリジナルコンサート全国大会に最年少で出場、最優秀賞を受賞。
自作曲がレコーディングされ話題を呼ぶ。

89年全日本学生音楽コンクール全国大会第1位。
毎日新聞社賞受賞。
サントリー大ホールにて'10代の音楽家'コンサートに出演。

90年 名古屋フィルハーモニー交響楽団と共演。

94年高校生国際芸術コンクールピアノ部門第1位。
朝日新聞社賞受賞。

98年よりコンサート活動を始める。
ソロコンサートの他、「西本梨江絵本コンサート」の企画を立ち上げ、朗読と映像と音楽で平和へのメッセージを伝えるコンサートを学校や各地で開催。
この企画で13年に第37回灘ライオンズクラブ音楽賞を受賞。
二胡奏者ジャー・パンファン氏と「二胡とピアノのコンサート」を各地で開催。

00年国際交流基金と難民を助ける会主催の日露友好コンサートに日本を代表する若手ピアニストとして出演。チェホフ国立劇場で演奏、現地で絶賛される。

01年からFAOテレフードチャリティーコンサートに出演。
NHK衛星第2テレビで放映される。現在も音楽を通して平和のメッセージを伝える活動を続けている。

05年「Toi」(トワ)でビクターよりCDデビュー。
日韓国交正常化40周年記念CDで編曲や作曲も手がける。

高木東六102歳を祝う‘七夕コンサート’に出演。
オペラ「春香」のハイライト版音楽構成と演奏を務める。王国潼(ワン・ゴードン)氏の二胡コンサートツアーに出演。

国内での演奏活動の他、イタリア、台湾、韓国、フィリピンなど海外公演にも出演。
NHKドラマ「櫂」のCDに編曲・ピアノ演奏で参加。
CD付き曲集の演奏・編曲、ヤマハ自動演奏ピアノのデータ録音を数多く務める。

新垣勉、賈鵬芳、姜小青、藤原道山、塩田美奈子、チャンドラカント・サラデシュムク、五大路子、紺野美沙子、宗次郎、ダ・カーポ、サーカス、田中健と共演するなど、幅広い分野で活躍中。
和楽器や民族楽器とのジャンルを超えたコラボレーションが話題を呼び好評を得ている。
これまでに6枚のCDをリリース。'ピアノ・アーティスト'として独自の世界を築いている。

ひめじ観光大使 
04年〜14年FAO準親善大使。01年〜15年シーボニアメンズクラブ専属ピアニスト。